ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
星野道夫「オーロラの彼方へ」

彼の写真と文に会ったのは、彼が死ぬ直前だったと思う。
彼の写真を目にするたびに死を想像してしまうのは、そのせいなのか。
あるいは、極寒の地に溢れる色彩に生を感じるせいだろうか。

あらゆる中に生命と、美の宿りを感じる。
だからこそ、死が恐怖や絶望には感じられない。
彼の死さえも。

この本は、生前から死後に至る写真集と未発表写真、およびエッセイから編んだ「Michio's Northern Dreams」というシリーズの1冊目にあたる。
彼の文章は、研鑽を重ねた作家にも劣らない沁度があると思う。
それはきっと、誰かと分かち合いたいような世界で過ごした夜の、その胸で何度も繰り返された言葉なのだろう。
すでに知っている筈の言葉が、鮮やかに心を染める。

とはいえ安易に旅行社のツアーなどで肉眼視したくない、それが彼の本意とも思えない。
山歩きから始めて、雪山登山など経験を積んだ者にしか開かれない扉であってほしい。
それは、どんな辺境や聖地にも思う事だが。



関連記事:【最近読んだ本】星野道夫「ラブ・ストーリー」| 2008.10.27
     【最近読んだ本】星野道夫「最後の楽園」| 2008.11.09
     【最近読んだ本】星野道夫「森に還る日」| 2008.11.14
     【最近読んだ本】「星野道夫の宇宙」| 2009.02.26
     【最近読んだ本】星野道夫「グリズリー アラスカの王様」| 2010.09.07
     【最近読んだ本】星野道夫「森と氷河と鯨」| 2013.10.24
0
    | books | 2008.10.18 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top