ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近買ったもの >>
最近読んだ本
池澤夏樹「叡智の断片」

作家としても好きな人だが、彼の書くコラムは特に好きだ。
簡潔で、ウィットがある。

月刊PLAYBOYという雑誌も、グラビア以外は意外に硬派で嫌いじゃない(購読するほどでもないが)。
彼の政治的な文章に似合う組み合わせだろうな、と思う。

その巻頭を飾る数ページに連載されていた文章が本になった。
著名な人物から無名の発言までを引用する、というのを主題(?)にしている。

いわれてみれば、海外作家のコラムは引用を上手く使う印象はある。
この系統が日本で少ないとしたら、知識のひけらかしとか虎の威を借るような見方があるからだろうか。
まぁ、そうだとすれば本書も半分は他人の褌で相撲を取っている事になるのか。

あとは好みの問題で、僕は楽しく読めたし彼の政治的主観も煩わしくは感じない。
こういう喩えは失礼だが、ボブ・グリーンを読んでいるようだった。

すらすらと入ってきて、軽く読み進められる。
けれど書く方は、ちょっとした名言集の山を掘りながら流れをつないでいくのだろうな。
わざわざ引用しないほうが早いだろうけど、敢えて無駄知識を交えてみる。
その無用さの、遊びが幅なのかな、とも思う。


〈池澤夏樹〉関連記事:
【最近読んだ本】「虹の彼方に」| 2008.03.28
【最近読んだ本】高砂淳二、垂見健吾(撮影)「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近読んだ本】渡邉良重(絵)「世界一しあわせなタバコの木」| 2009.08.22
【最近読んだ本】「南の島のティオ」| 2009.10.09
【最近読んだ本】「タマリンドの木」| 2010.04.23
【最近読んだ本】「マリコ/マリキータ」| 2010.05.02
【最近読んだ本】「スティル・ライフ」| 2010.12.29
【最近読んだ本】「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】「南の島のティオ」(増補版)| 2019.01.24
0
    | books | 2008.10.24 Friday | comments(2) | trackbacks(0) |
    どこで何をどういう風に引用するのかって、
    非常にセンスを要求されるというか、
    小気味よく聴いていたいというか、
    そんな感じがあるように思います。
    自分ができるかというと・・・

    この本はおもしろかったなぁ。

    しかしあれですね、
    最近、どこかから話を引用してくる人って、
    結婚式の挨拶以外で見なくなりましたね。

    そんなことないでしょうか?
    | M | 2008/11/17 9:07 PM |
    出処が思い出せないと、引用にはならないですもんね。
    そう思うと、日常会話に引用を盛り込めるってスゴイ。
    ただ、いつも同じ引用ではスゴくないかな。

    それと、引用するには理解度が要りますよね。
    この本でも度々、引用文の解説があったと思います。
    結婚式での引用も、その説明の方が長かったり・・・。
    それだけ、引用を交えた文章って敷居が高いのかも。

    脚注が多い本って、かなり減った気もしますが。
    そういう本を読んでないだけかな・・・?笑
    | tom | 2008/11/18 10:25 PM |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top