ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近行ったところ | main | 最近行ったところ >>
最近読んだ本
加藤敬「マンダラの里」

ラダックの写真集、後半に複数の著述者による現地ルポルタージュ付き。

彼の地は小チベットと呼ばれるインド北部地域で、弾圧著しい中国のチベット自治区とは別なのですね。

だけどラダック、どこかで見聞きした覚えが…?
「イエスの失われた十七年」でか?
慧海?
別の西洋人の探検記だったかな?
ともかく、表紙のタンギーみたいな白塗りの老人はインパクトあります。

本書の内容は、農閑期の冬に催される冠婚葬祭の様子が焦点となってます。
文章も、歴史や習俗と共に儀式祭礼の理解を助けてくれるものとなってますね。
決して絢爛豪華ではない、だけど充分おどろおどろしくて魅力的。
チベット仏教圏にありながら、イスラムやヒンドゥーの影響も色濃く多面的。


関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】岩間史朗「名もなき日々」| 2008.10.14
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」| 2008.10.16
【最近読んだ本】松本栄一、色川大吉・上野千鶴子「KAILAS チベット聖地巡礼」| 2008.11.23
【最近聴いたCD】ナムギャル・タツァンの僧侶「チベット密教 極彩の響き」| 2009.02.06
【最近読んだ本】後藤多聞「遥かなるブータン〜ヒマラヤのラマ教王国をゆく〜」| 2009.08.31
【最近読んだ本】オリヴィエ・フェルミ「凍れる河」| 2010.01.12
【最近読んだ本】ダライ・ラマ「世界平和のために」| 2010.06.09
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」(再読)| 2011.09.26
【最近読んだ本】山折哲雄、大村次郷「ブッダの教え 仏教2500年の流れ」| 2012.10.02
【最近読んだ本】グリンダル・シン・マン「シク教」| 2012.12.28
0
    | books | 2008.10.29 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top