ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近の驚き・発見 | main | 最近行ったところ >>
最近読んだ本
星野道夫「最後の楽園」

著者の既に発表されている写真とエッセイに、未発表作品を加えて再編集したシリーズ
副題「Michio's Northern Dreams 3」です。

「もしクマが存在しないのなら、僕はこの土地に来ないだろう。」
そう記した作者は子ども時代に、
町の中で暮らしている日々にも遠く離れて生きているクマの世界を思っていた。
想像の中で作者は自然に融けて、どこかで今も流れている人間の触れてない営みを感じていた。
「それはすべてのものに平等に同じ時が流れている不思議さだった。」

遥かな彼岸に生きるもの、それは闇によって人間と隔てられている。
「その闇を超えて(略)触れ合う瞬間があるものだろうか。」
まるで運命に定められた道を辿るようにして、彼は踏み込んでいったのだろう。
自身、きっと行きつ戻りつしながらも抗いきれない思いを確信していたのではないか。
イオマンテの中に、迎え入れられる瞬間を。

こんなふうに彼の死を美化しても好いものか、しかしあまりにも神話的に感じられて。
だから彼の視線や言葉には、説明のつかない魅力がこもっているような気もしてくる。

彼ならば、この本にどんなタイトルを付けただろう?



関連記事:【最近読んだ本】星野道夫「オーロラの彼方へ」| 2008.10.18
     【最近読んだ本】星野道夫「ラブ・ストーリー」| 2008.10.27
     【最近読んだ本】星野道夫「森に還る日」| 2008.11.14
     【最近読んだ本】「星野道夫の宇宙」| 2009.02.26
     【最近読んだ本】星野道夫「グリズリー アラスカの王様」| 2010.09.07
     【最近読んだ本】星野道夫「森と氷河と鯨」| 2013.10.24
0
    | books | 2008.11.09 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top