ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだ本
松本栄一(写真)、色川大吉・上野千鶴子(文)「KAILAS チベット聖地巡礼」

タイトル通りの写真集です。
巻末に寄せられた文も、現地の体験を交えた冷静かつ公正な愛情が感じられます。

巻末の地図を見て、こないだ読んだ「天山南路」を思い出しましたが。
新疆ウイグル地区は天山山脈とコンロン山脈の間にタクラマカン砂漠を抱き、
北はロシア東はモンゴル(楼蘭と敦煌の先はゴビ砂漠!)という場所で。

そんな天山南路からコンロン山脈をまたいだ南がチベット自治区、
更に南のヒマラヤ山脈沿いの国境線に近いラサ〜カイラス〜カトマンズのルートが本書の舞台であります。

もっと細かくいえば、ネパール北端とラダック地方(インド)の間に広がる天空の荒野。
6千m級の山々が丘に見えるというチャンタン高原の、厳しい自然と巡礼の写真です。
文献によっては既に消滅したかの如く語られていたボン教ジャイナ教を含め、
仏教ヒンドゥー教の共通する聖地であるカイラス山。
そこに息づく貧富も国籍も宗教も超えた人々に、感謝の言葉は存在しないそうな(←親切が当たり前だから)。

平然と「汚い、臭い」と口走る日本社会への違和感と、この写真の安堵感。


関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】岩間史朗「名もなき日々」| 2008.10.14
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」| 2008.10.16
【最近読んだ本】加藤敬「マンダラの里」| 2008.10.29
【最近聴いたCD】ナムギャル・タツァンの僧侶「チベット密教 極彩の響き」| 2009.02.06
【最近読んだ本】後藤多聞「遥かなるブータン〜ヒマラヤのラマ教王国をゆく〜」| 2009.08.31
【最近読んだ本】オリヴィエ・フェルミ「凍れる河」| 2010.01.12
【最近読んだ本】ダライ・ラマ「世界平和のために」| 2010.06.09
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」(再読)| 2011.09.26
【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
【最近読んだ本】藤田弘基「ヒマラヤ満天星」| 2015.03.23
0
    | books | 2008.11.23 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top