ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
大槻ケンヂ「ロコ!思うままに」

短編小説集です。
彼の書く話は結構好きですが、短編は初めて読んだ気が。

うん、特に巧い訳ではないと思う。
それは長編であっても同じなんだけど、言葉にならなくて何となく身に詰まされる独特さに魅かれます。
苦痛と虚無を許容する、畏怖や拒絶と対極の眼差し…。
そんな作風というか特徴が、短編ではより色濃く感じられました。

一度だけ見かけた彼の印象と、いつも読後感が重なる。

約15年前、死神が僕を迎えに来たのかと思った。
まだ夜になりきらない新宿の雑踏を、フラフラと大きな影が揺れていた。
黒いオーバーコートと長い髪に、死んでしまいそうな顔。
あんなに悲しい表情をした人は、今でも見た事がない。

同時よくトーク番組に出るようになっていて、インディーズで名を馳せた筋少のボーカルが非常に社交的なので感心していたが…。
その時は(何か辛い事があって、死にたい気持ちなってるのかな)と心配になったものだ。

時が経ち、彼の小説を読むようになって思い出す。
あの黄昏に見ていた(見ようとしていた)彼岸というか、曖昧な何か。
テレビの飄々とした振る舞いも、かつて見た素の哀しみも彼の作品に感じるのです


関連記事:
【最近読んだ本】大槻ケンヂ「変な映画を観た!!」| 2014.02.15
0
    | books | 2008.11.26 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top