おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近行ったところ | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
佐原ミズ「ほしのこえ」

原作は新海誠によるアニメーションで、個人サイトで公開され(←すいません記憶違いでした)非常に注目された作品をコミカライズしたのが本書。

原作アニメは、林海象監督がデビューした時に受けたのと同様の新鮮さがありました。
スポンサーがない代わりに、とことんブレないで創れるのかもしれませんが…。シナリオ、演出、作画のどれも卓抜してますし、個人の技量をわきまえつつのブレイクスルーというバランス感も見事です。

本書は超遠距離ラブストーリーに重点を置いてますが、短期掲載の企画だったとすれば当然でしょうね。
しかし願わくは、原作でも仄めかす程度だった(地球外生命体の宇宙意識的な企み)に大きく絡んでほしかった。

いや案外、そこを読み手に委ねてあるから好い気もしたりして…。
新海監督も続編を作ってない辺り、想像の余地も作品のうちなのでしょう。

原作とは違ったオチ、というパターンにしては例外的に成功してます。
ある意味ベタな王道ではありますが、個人的には大好きな恋愛映画「エンドレス・ラブ」のクライマックスを思い出しました。

宇宙で孤独じゃない…希望という細い糸。
それは原作においてもメールに込められていた意図であり、テクノロジーが進んでも心が失なわれた未来は存在し得ないという祈りかもしれません。


関連記事:
【最近読んだ本】大場惑「ほしのこえ The voice of a distant star」| 2008.12.28
【最近みたアニメ】「ほしのこえ(声優版)」| 2013.12.25

〈佐原ミズ〉関連記事:
【最近読んだマンガ】佐原ミズ「夜さん She has a little wonders」1巻| 2016.01.03
【最近読んだマンガ】佐原ミズ「夜さん She has a little wonders」2巻| 2016.01.08
【最近読んだマンガ】佐原ミズ(漫画)、孔枝泳(原作)「私たちの幸せな時間」| 2020.03.03
0
    | comic | 2008.12.03 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top