ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
パウロ・コエーリョ(著)、旦敬介(訳)「11分間」

再読。

この作者の紡ぐ物語は、どれもが明確かつ普遍的なテーマを持っている。
それ故か、まさに一字一句に神がかった響きを感じる時もあれば、
かなり凡庸で得るところのない気がする事もある。

それは作者の主義主張と一致するか否かでなく、命題に相対する自身の深度だ。
読み返すたび自分の拡張性を実感できる、文章と読み手がパーソナルな対話を交わす物語だと思う。

たとえば本書のテーマは、ずばり性愛である。
前に読んだ時はピンとこなかった、というか僕には何も目新しい要素が見つからなかった。
今回も、善悪や生死を扱う作品ほど容易に入れない。

僕は性に罪悪感を抱かないし、娼婦が特殊だとも考えていない。
アレが神秘である事には異論ないけれど、まさに重要な問題ではないのだ。
先入観に支配されていると思うし、そこからの解放も相互のファンタジー次第だと思ったり。

苦痛が快楽に至る手段、という重要部分に関しては頭で理解するしかないが。
異言派や五体倒地、山岳仏教やサンダンスなどから類推はできる。

それでも本書が退屈である、とは思えない。
自分にも頑なな先入観が、きっと何かしら残っている気はするのだ。
またいつか、再読する機会まで。


〈パウロ・コエーリョ〉関連記事:
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」| 2007.12.10
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「悪魔とプリン嬢」| 2008.09.27

【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「第五の山」| 2009.05.09
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「星の巡礼」| 2010.06.29
【最近読んだ本】木下眞穂(訳)「ブリーダ」| 2010.07.24
【最近読んだ本】江口研一(訳)「ベロニカは死ぬことにした」| 2011.01.28
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」(再読)| 2012.08.27
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」| 2012.08.30
【最近読んだ本】武田千香(訳)「ポルトベーロの魔女」| 2013.05.21
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「ザーヒル」| 2015.09.26
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」(再読)| 2019.07.23
0
    | books | 2008.12.04 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top