おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
南佳孝「ヌード・ボイス」

今なぜ彼なのか?
いや数年前から、一度きちんと聴いてみようと思っていたんです。

大人のためのロックというか、そういったマーケットの必要性とかで。
音楽業界とは無縁な、聴き手としての考えでね。
そこでイメージ的に浮かんだ中の一人だった、と。
Jポップとかカテゴリーなんてどうでもよくなる、枯れ具合の案配が今なら。

決して一発屋とは思ってなかったけれども、かつてラジオで耳にした位の記憶の人ではありました。
当時は自分も若かったので(昔ぶってる歌)としか感じなかったんだよな…。

で、本作。
言ってしまえば、ありがちなカバー集なんですが。
選曲も渋ければ、バックのメンツも異常に豪華。
ギターに渡辺香津美中村善郎、ベースは高橋ゲタ夫にバカボン鈴木、更にドラムスが神保彰村上“ポンタ”秀一

「昼も夜も」や「キャラバン」といったスタンダードが今っぽく聴こえ、ブライアン・セッツァーばりの「ルート66」とかマービンでもジェームスでもない「How sweet it is」とか非常に新鮮な印象に。
個人的には特に「My funny valentine」が、オーソドックスながら彼でしかない歌に聴こえて秀逸でした。

自分の思い描いた(アラフォー世代のロックンロール)とは大分ちがいましたが、しかしグッド・ミュージックです。


〈南佳孝〉関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS」| 2008.07.04
【最近聴いたCD】南佳孝 with RIO NOVO「ボッサ・アレグレ」| 2008.12.24
【最近聴いたCD】南佳孝「あの夏・・・In Summer」| 2011.12.18
【最近聴いたCD】南佳孝「Sketch Of Life」| 2013.10.10
0
    | music | 2008.12.22 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top