ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
大宅壮一「実録・天皇記」

昭和の巨人、大宅壮一。
数々の流行語、ノンフィクションの賞、雑誌の図書館…。
功績は知っていたが、著作を読んだ事はなかった。

本書は、終戦から7年という1952年の刊行だとか。
そんな時代に、天皇を巡る歴史を株や経済に例えているセンスは凄い。
僕みたいな素人でも、そんな発言が今より非常に覚悟の要る行為だった事は見当がつく。

血筋を絶やさないシステムと、そこから増殖する分家筋。
常に二番手で実権を握ろうとしてきた歴代武将、公卿から見た幕末劇場。
明治政権や軍閥の(玉を握る)手管を見透かしつつ、戦後間もない当時をも揶揄している。
反動的な総括といった時代の空気を無視し、徹底してその一歩引いたユーモア(独創性)を手段に喝破していく。

更に驚嘆するのは、氏の慧眼の鋭さだ。
国家維持法や破防法といった単語が飛び交い、とても50年前の警鐘とは思えない。
これはジャーナリズムに進歩がないのか、歴史から人が学んでいないのか?
もし氏が生きていたら、どんな目で仮想経済に喰われた今の世を眺めるだろう。

項目立てが時系列と異なるので混乱しやすいが、これほどスリリングでありながら水平な書物は稀ではないか。
そして意外にも読後は、天皇を人として身近に感じる。
単に鋭いだけではないのだ。


関連記事:
【最近読んだマンガ】舎人親王(編)「日本書紀」| 2011.10.13
【最近読んだ本】中條高徳「孫娘からの質問状 おじいちゃん戦争のことを教えて」| 2014.05.05
0
    | books | 2008.12.23 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top