ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
「知られざる国々 ベリーズ」

1980年まで「英領ホンジュラス」と呼ばれていた、中米の小国に関するムック。

ベリーズの名を初めて耳にした1996年は、間接的にだが身近な国だった。
エコロジカルな活動をする青年が留学先から訪れた話、メキシコのカンクンで隣室だった女性が英語を学んだ留学先。
彼女からもらった絵葉書も現地のブルー・ホール(世界第二のバリア・リーフ)が写っていたし、クラスメイトだったキューバ人を紹介してもらってハバナでは世話になった。

その名もマヤ語の「沼地」に由来するという、ユカタン半島の南端にある若いUK加盟国。
カリブ海を挟んだジャマイカ同様、中南米で数少ない英語圏だ。

件の青年いわく「コーラの工場しかない長閑な国」だそうだが、マラリアの発生率が低くて教育普及率は日本並みに高い。
ハリケーンの通り道ではあるにせよ、スペイン語が覚束ない僕にとって理想的な国だ。

本書は豊富な写真とデータでベリーズの様々な特長を紹介している他、合間の「現地リポート」が楽しく読める。
個人的に感銘を受けたのは、マヤの昔から伝わる焼き畑農法が正しく継承されているという事。
東南アジアや南米では無秩序な移住者によって崩れた森林との共生が、この地では残った。
それが失われませんように。


関連記事:
【最近読んだ本】「マヤ・アステカ・インカ文明」| 2008.01.03
【最近読んだ本】南 研子「アマゾン、インディオからの伝言」| 2012.08.12
【最近読んだ本】浅川嘉富「源流レムリアの流れ…」| 2012.08.18
0
    | books | 2009.01.02 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top