おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだ本 >>
最近みた夢
本屋〜食堂〜店車

最初、ビルの中にある書店にいた。
デパートなのか、途中階で別棟に連絡していて両方とも上階は同じ本屋。
昔の同級生に遭遇し、レジを済ませたら話でもしようと言って一旦別れる。
僕は別棟の方に買いたい本があったのだ。
非常に込み合っている店内を抜け、階段を降りて連絡階に向かう。

場面は変わって、海の家みたいな食堂に。
そこはタイか、タイ料理を出す店のようだ。
海は見えないが日本ではない気がする。
客は他にいなくて、数人の女の子が店員として立っていた。
メニューを見て適当に料理を注文すると、運んできた女の子が僕の隣に寄り添って座り、店主らしきタイ人の中年男性が目の前に座った。
(これはどんな料理だろう?)と思っていると、横の座敷から友人が教えてくれた。
一緒に来た訳ではないので驚いたが、現実に彼はタイに詳しかったので心強く思った。
店主はテレビに見入っていて、隣の女の子は柔らかな肌を押し付けてくる。

また場面が変わって、ビルの階段を降りている。
最初の場面と関連あるのか分からないけど、同級生との待ち合わせは頭にない。
踊り場の窓から、夕陽の残照に染まる街が見えた。
夜空にたくさんの星が輝いていて、何故か台湾を思い出す(現実に星が見えたのは、南端の国定公園ぐらいなのに)。
そのまま地上(雰囲気は夜の台北駅前)に出て、タイ好きとは別の友人を呼び出した。
仕事の合間か何かだったので恐縮してしまい、会話が空回りして焦るも言いたかった事が伝えられない。
すぐに彼は去り、残念な気持ちになる。

最後の場面は自宅の近所、車のオークションで中古車を購入。
オーナーは'50s好きの老年夫婦で、レストアされた当時の小型国産車だった。
近くの公園まで走らせてから、外観を見ると天井から前面にせり出す形で生け垣になっていてビックリ。
しかも和風喫茶店の看板(コーヒー会社が作ってくれる、宣伝が入った立て看板タイプ)まで、フロントガラスの上に掲げてある。
ともかく友人(ビルの下で話した相手)に会いに行こうと再び乗り込む。
と、昔のヤンキーみたいな青年が駆け寄ってきた。
ショッキングピンクのトレーナーにぼさぼさパーマ、でも目を輝かせて「自分もこの車が好きなんです!」と力説される。
何と返事すればいいやら、でも生け垣改造もまんざらではない気持ちになってしまう。

あまりにも変すぎる夢。


関連ありそうな記事:
【最近みた夢】置き土産、絡むオバサン、DQNクレーマー| 2007.10.25
【最近みた夢】1・なんとか話題をそらそうとする夢| 2008.02.21
【最近みた夢】夜の夢(トニーと夜遊び)| 2008.12.05
【最近みた夢】台湾夜市の食べ歩き| 2011.04.19
【最近みた夢】台湾ひとり途中下車の旅| 2015.07.19
【最近行ったところ】台湾| 2018.12.10
0
    | in sleep | 2009.01.05 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top