おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル「グリーン・リヴァー」

先日の初めて聴いた「コスモズ・ファクトリー」が思いがけず好かったので、もう一枚チャレンジ。
こちらもジャケ写が、わざとらしい程オールドタイミーかつ味がある。

なんだかんだで2日位ずーっと流しっ放しにしていたが、正直(これだ!)と引っ掛かってくる曲がない。
逆にいうと耳障りさもなく、どの曲も自然に入ってきて何の抵抗もないのだ。

なんだろう、ブルースっぽいけど聴いてて疲れないし…。
カントリーやヒルビリーっぽさもあるけれど、どれでもないんだよなー。
特徴あるボーカル、どこかで聴いたような曲調。
それもそのはず'69年リリースだもの、今ではロックの礎みたいなもんだ。

とはいえ当時のアート・ロックやジャズ・ロックといった新しい波の中で、時代錯誤のように一世代前のダサい音楽にこだわった所がカッコイイ。
まぁ今時は誰もが回顧主義に走ってて、あんまり褒められない状況なんだが…。

直球プロテスト・ソング「すべての人に歌を」に心打たれ(また対訳が好いんだ)、泥臭いノリのドラムスが堪らない「黒い陰謀」で無意識に体が揺れる。

これまた名盤、参った!


関連記事:
【最近聴いたCD】ラヴィン・スプーンフル「デイドリーム」| 2008.08.03
【最近聴いたCD】クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル「コスモズ・ファクトリー」| 2008.12.06
【最近聴いたCD】クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング「デジャ・ヴ」| 2009.01.11
0
    | music | 2009.01.07 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top