ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
うすた京介「チクサクコール」

えっと、この作者って「ピューと吹くジャガー」の人かな?…の短編集。

ところで、よくピカソの絵を見て「こんなの誰でも描けるじゃん」とかいう奴っていますよね?
生まれて初めて思いましたよ、巻頭のデビュー作で!
まぁ売れてるんだから世間では面白いんでしょ、山上たつひこ鴨川つばめの世代で好かったなぁ自分は。

作者は、おそらく'80年代に十代だったのでは?
髪型や服、模倣してる画風が10年ズレてますよ。
これは笑いを取るための故意ではない、真面目な(というか普通な)部分がね。
そういうヘタウマ気取りで背伸びしてる痛々しさが、ますますキツイのです。

ところが、読み進めると別な面白味が出てきました。
どんどん飛躍的に上手くなってゆく、電波少年的な成長物語として…ですがね。
そしてラスト2作で絵柄が安定して、読めるレベルに達するというカタルシス。
こんな切り口もありなのかぁ…実に新ジャンルです!

それにしても、もはや編集者の時代って感じですね。
そのままじゃ味も素っ気もない新人を、売れ筋マンガ家へと編集する…。
競争率高そうな少年ジャンプで、この作者は「延々とレディボーデン食べてる中に見つけたウェハース」だったんじゃなかろうか?

実際は知りませんが、'90年代のJ-POP的な舞台裏を想像して興味深く読めるドキュメンタリー。
0
    | comic | 2009.01.15 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top