ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
岡本太郎(撮影)、岡本敏子(編)「岡本太郎の沖縄」

まだ米軍下にあった1959年暮れ、10日間の訪沖。
その際に収められた写真の集成が本作であり、また思索の結実がかつて読んだ「沖縄文化論」となった。

太郎氏は抽象芸術運動に参加したパリで哲学や社会学のほか民族学を身に付け、作品性に強く影響を及ぼした土着意識が沖縄へと帰着した。
その情熱と眼力のほとばしるモノクローム群である。

白黒の写真は実際よりも古びて見せる効果があるが、本作では逆に何もかもが色付いて見える。
断絶された時間が存在しない、パラレル世界の近代というか、日本統治下の面影を残す台湾各地の風景ともシームレスなのだ。

また別に、彼の民族学的な視点は解放後の沖縄に遺恨を遺したのではないか?との懸念も生じた。
神事イザイホーは1966年末に撮影されているが、この後に多くの好奇心に晒された祈り事が排他的あるいは取り止めになっていく流れと関連していたのか…?

ともあれ小型カメラでモノクロであれば多少の修正は効くにしても、露出計なしとは!
しかも驚くのは、すべてトリミングされていない事。
無意識にトリミングを考えてしまう癖がある僕だから、一発でこれをキメる無修正の眼力には感服した。
通常、作品というアウトプットでは視覚にバイアスがあるのか描写時に発揮されたのか見極めにくい。
しかし彼は純粋な目で捉え、作品へと昇華させていたのだと実感できる。


〈沖縄〉関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「沖縄そば屋さんのBGM」 | 2010.08.13
【最近読んだ本】池上永一「やどかりとペットボトル」 | 2011.08.24
【最近聴いたCD】中田悟「自然音シリーズ 伝説の島 沖縄」 | 2011.09.06
【最近読んだ本】田口ランディ「ドリームタイム」 | 2012.03.07
【最近読んだ本】矢口清貴「マブイ 魂は廻る」 | 2014.11.16
【最近行ったところ】石垣島・1/6日目 | 2019.04.29
【最近読んだ本】小原猛「琉球奇譚 シマクサラシの夜」 | 2019.05.02
【最近行ったところ】石垣島・6/6日目 | 2019.05.19


〈民族学〉関連記事:
【最近読んだ本】国立歴史民族博物館「縄文文化の扉を開く 三内丸山遺跡から縄文列島へ」 | 2008.03.12
【最近読んだ本】レヴィ・ストロース「ブラジルへの郷愁」 | 2009.03.15
【最近読んだ本】西尾哲夫「図説 アラビアンナイト」 | 2009.10.21
【最近行ったところ】日本科学未来館 | 2012.01.30
【最近読んだ本】江口一久「ぼくの村、カメルーン・フルベ族の人びと」 | 2012.02.12
【最近読んだ本】『科学朝日』編「モンゴロイドの道」 | 2012.11.04
0
    | books | 2009.01.28 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top