ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の驚き・発見 >>
最近読んだ本
本橋成一「アレクセイと泉」

朝もやだろうか、幻想的なモノクロームの草地に青年が立つ表紙に惹かれた。
アレクセイの村には、50人ばかりの年寄りしかいない。
他は、みんな村を離れた。

「それはもう、遠い昔のことだ。14年の歳月が流れた。…」
冒頭の言葉から更に時は過ぎ、あれから22年。
ウクライナの首都キエフの北、ベラルーシとの国境近くにあった原子力発電所のメルトダウン。
そこから更に北、作者が監督した映画「ナージャの村」から北東のロシア国境。

「いのちとともに借りた泉の水を、この地に還したいからだ」と、村に留まる理由を語る老いた村人。
そこに湧き出す泉からは、放射能が検出されないのだという。その水だけは。

写っているのは、アレクセイと泉だけではない。
村人、犬、猫、鳥、馬車、雪、収穫、廃屋、青空、町に移ったかつての村人、そんなブジシチェ村に関わるすべてだ。
貧しいが、美しい。
泥が詰まった、全部が親指みたいな老婆の手。
こんな寒そうでなければ、どこまで自分が暮らせるかと憧れる。

「運命からも自分からも、どこからも逃げられない。だから僕もここに残った」
彼にも迷いや諦めもなくはないだろう、僕らもまた逃げようがないし覚悟もない。
今の僕らに「チェルノブイリに行きたくない」なんて歌えない、ただ忘れてる。

〈旧ソ連〉関連記事:
【最近みたDVD】「テルミン」 | 2012.12.20
【最近読んだ本】大石芳野(写真・文)「それでも笑みを」 | 2014.05.29
【最近読んだ本】栗生沢猛夫「図説|ロシアの歴史」 | 2015.05.10
【最近読んだ本】森住卓(写真・文)「セミパラチンスク」| 2015.11.21
【最近読んだ本】小川政邦(訳)「KGBの世界都市ガイド」| 2016.01.26
0
    | books | 2009.02.03 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top