ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
ナムギャル・タツァンの僧侶「チベット密教 極彩の響き」

不思議なもので、チベット周辺の活字情報が続いたと思ったら次は音源ですか。
図書館で、何故かジャズの棚から飛び出てました(民族音楽は裏側なのに)。
まぁこれも何かの縁かと聴く訳ですが…。

しばし聞き取りづらい声、音量を上げて(お経かぁ)と気付いた瞬間に轟音が!!
すんごいビビった、つかウーハー割れたかと焦りましたよ〜。f(´_`;)"
単調な聲明(日本の読経と全然ちがう)の合間、突発的に挿入されるチベタン・ホルンなどの鳴り物。
夜中は聴くべきでないね、ドッキリ&近所に迷惑。笑
収録されてるのは「パルデンラーモ女神への法要」のみ、1時間3分そんな調子です。

収録場所はインドのダラムサーラにあるナムギャル・タツァン、4宗派(ニンマ、カギュ、サキャ、ゲルク)の最高格の寺。
そしてパルデンラーモはダライ・ラマと亡命政府の守護神。
1989年の初夏、第14世によって約50名の僧(内14名が鳴り物担当)と共に執り行われた法要の記録。
標高1700mという地形的特性、聲明と楽器類の音質やバランスなどJVCスタッフの苦労がしのばれます。

因みにダライ・ラマとは「第3世のソナム・ギャムツォに、モンゴルのアルタン・ハンが献じた称号」で。
モンゴル語ダライはチベット語のギャムツォ同様、大海を意味するのだとか。
ラマは僧侶を指し、チベット仏教と呼ぶのが正しくラマ教とは俗称だそうです。


〈「JVCワールド・サウンズ」シリーズ〉関連記事:
【最近聴いたCD】グルジア/男声・女声合唱「サカルトベロ 奇蹟のポリフォニー」| 2010.04.16

〈チベット周辺〉関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】岩間史朗「名もなき日々」| 2008.10.14
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」| 2008.10.16
【最近読んだ本】加藤敬「マンダラの里」| 2008.10.29
【最近読んだ本】松本栄一、色川大吉・上野千鶴子「KAILAS チベット聖地巡礼」| 2008.11.23
【最近読んだ本】後藤多聞「遥かなるブータン〜ヒマラヤのラマ教王国をゆく〜」| 2009.08.31
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」(再読)| 2011.09.26
【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
0
    | music | 2009.02.06 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top