おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
スタイリスティックス「スタイリスティックス登場」

洗練された甘いバラード、という印象が強いボーカル・グループ。
アルバムとして聴くのは初めてで、これは'71発売のデビュー盤。
ジャケがレア・グルーヴ風(死語?)で堪らない、邦題も時代を感じさせる。

モータウン好きだった僕ですが、フィリー・ソウルは詳しくない。
いえモータウンだって知ってるとも言えないレベルなので、正直なところ区別がつきません。
メロウなファルセットは、スモーキー・ロビンソンを思い出してしまう。

かつて偶然プリンスがカバーした「Betcha by golly, wow」のPVを観て泣いてしまった事があり、その原曲が収録されているのですが…。
そういう期待が大きすぎたんですね、失敗したミラクルズのバラード集といった感じでした。
名曲「You are everything」も、モータウン(ダイアナ・ロスだったか)の方が好かったし。

ただモータウンも、僕には聴き込んでいくうちにジワジワ沁みてくる音楽だったので、最終評価は保留しときます。

…と、書いてから後で来ましたジワジワと(遅過ぎ!)。笑
モータウンの味付けよりも、弛く淡いんですよねぇ。

じっくり、聴き込んでください。
独特で、ハマります。


関連記事:
【最近聴いたCD】ドラマティックス「ホワッチャ・シー・イズ・ホワッチャ・ゲット」| 2009.03.17
【最近聴いたCD】マーヴィン・ゲイ「ラヴ・スターヴド・ハート」| 2009.04.29
【最近聴いたCD】オージェイズ「裏切り者のテーマ」| 2009.12.30
【最近聴いたCD】THE 5TH DIMENSION「THE AGE OF AQUARIUS」| 2014.04.05
【最近聴いたCD】ARCHIE BELL & THE DRELLS「THERE'S GONNA BE A SHOWDOWN」| 2016.09.28
0
    | music | 2009.02.08 Sunday | comments(0) | - |













    ↑ top