おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
ジミー〈幾米〉(作・絵)、岸田登美子(訳)「ブルー・ストーン」

色鮮やかな絵本です、大西さんとは無関係(多分)。
中に登場する少年の部屋に「漫画インク」が置いてある辺りから、台湾か香港あたりの方だろうかと。
裏表紙の見返しに紹介された中には、金城武さん主演で映画化される作品もあるようです。

ざっくり本書の筋を説明すると、森の奥深くにあった大きな青い石(の片割れ)が辿る旅の話。
しかし小説ではないし、ここで(なぁんだ)と思わず目で追ってください。
上手です。

丹念な筆致、絵に語らせる上手さだけではない何かが感じられるのですが。
何でしょうね、読む人それぞれのパーソナルな要素が、様々な意味を見出だす作品に思えるのです。
まぁ絵本て意外とそういう重層的な寓話性が込められてますが、これもシエル・シルヴァスタインの作品と同じようにオトナ受けしそう。

絵本というのは、簡単そうに見せながら実際は大変な創造性ではないかと思いました。
ミニマルで普遍的な物語と言葉選び、絵の構図や表現という見せ方が。
0
    | books | 2009.02.09 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top