ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
よしもとばなな「サウスポイント」

僕は大抵、この本文を携帯でアップしてから後でリンクなどの手直しをする。
でも今回は先にリンク先のレビューを読んでしまい、本作が「ハチ公の最後の恋人」の後日譚だと知った(続編ではないので知らなくても不都合はない)。

ほとんど内容は忘れているが、表紙だけ覚えていた。
というか、本作の表紙で何か思い出しそうな感じだったのが、あの写真だった。
共通点は特にない筈なのに、上手いなと。

それはさておき、これは久々に好かった。
ある時期から鼻についていた、極端な言い方になるが高飛車な目線を本作では感じなかった。
作者の私的な義憤を被せてくるような部分が「虹」辺りから鬱陶しく、もうダメかと思ったりしていた。
徐々に薄らいではいたが、力ずくで盛り込んでくるような違和感を抜けて、より豊饒な語り口を見出だしている気がする。

ヒロという場所については、話に聞いた事がある。
この作品に感化されて屈託なくハワイイに行ってしまう、それも悪くはないが敢えて行かないでおこうという思いがしてくる。
よく雨の降る町…か。

本作はゴーストまたは虚像と、その深度について書かれていると僕は思う。
その対照的なシンボルが、タイトルの場所なのだ。
そしてそれは誰もが、それぞれの名前で呼ぶ何かと通じ合うポイントだろう。


関連記事:
【最近読んだ本】よしもとばなな「チエちゃんと私」| 2007.12.18
【最近読んだ本】よしもとばなな「イルカ」| 2008.04.15
【最近読んだ本】よしもとばなな「まぼろしハワイ」| 2009.02.15
【最近読んだ本】よしもとばなな「ムーンライト・シャドウ」| 2009.06.08
【最近読んだ本】よしもとばなな「アルゼンチンババア」| 2009.08.25
【最近読んだ本】よしもとばなな「もしもし下北沢」| 2011.04.13
【最近読んだ本】よしもとばなな「どんぐり姉妹」| 2011.12.29
0
    | books | 2009.02.11 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top