ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
よしもとばなな「まぼろしハワイ」

この本には3つの独立した話が収められているので、個別に感想を。

「まぼろしハワイ」
ハワイイは訪れる人の数だけ存在する…例えば東京より豊かな差異で。
もし「サウスポイント」を読む前なら、見る傾向の軸を合わせるには丁度好い。
村上春樹「ハナレイ・ベイ」を思い出したのは、単にハワイイだからか?
網代の挿話がアクセント。

「姉さんと僕」
珍しく男性の一人称で書いている、そして女性には解らない筈の男性心理が。
でも(こんな男いるかよ)って思う人もいるよな、平中悠一「She's rain」かと。
唯一この世でしか出来ない、だからこそ手順を疎かにしない人の動きは美しい。
弘前と、えぞ菊が効果的。

「銀の月の下で」
いかにも“ばななチック”な記号の退屈さ…と思ったら、夕陽の後からダイアローグで追い上げてくる。
枠と、自己の時系列に関する意識が刺激された。
小林、蓮、デンマークの挿話が効いている。

かつての主題が解消している事を示したいのだろうが、相変わらず直截なメッセージには辟易する。
それもファン向け戦略的サービス、ちゃんと曖昧にして気付かせる書き方も残している器用さが好い。

まぼろしは、見える人には見えるけれども、いつかどこかは選べない。
3話それぞれの幻影、まとまっていると思います。


関連記事:
【最近読んだ本】よしもとばなな「チエちゃんと私」| 2007.12.18
【最近読んだ本】よしもとばなな「イルカ」| 2008.04.15
【最近読んだ本】よしもとばなな「ムーンライト・シャドウ」| 2009.06.08
【最近読んだ本】よしもとばなな「アルゼンチンババア」| 2009.08.25
【最近読んだ本】よしもとばなな「もしもし下北沢」| 2011.04.13
【最近読んだ本】よしもとばなな「どんぐり姉妹」| 2011.12.29
0
    | books | 2009.02.15 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top