ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
ハロルド・ダーリング(著)、北代晋一(訳)「旅のラベルコレクション」

いわゆる古き良き時代に収集された、ホテルや乗船のタグが配置された旅の本。
合間の文章は様々な旅行記や紀行文からの引用が多く、作者は著述家ではなくコレクターなのかもしれない。

旅の初めは放浪や移住といった片道だったろう、やがて巡礼や商用など往復の旅が始まる。
しかし旅の語源は苦行であり、トラベルとトラバッホ(労働)は同源の“汗を流す事”にあったようだ。
やがて大航海時代と西欧ルネサンス期の価値観からグランド・ツアーが起こり、今日的な意味での旅行という形態に発展する。

より遠くへ、より多様な旅のニーズが交通網の整備や情報の流通に拍車をかけた。
日常を丸ごと持ち出すリゾートやクルーズ、あるいは個人的な好奇や探究心を刺激する秘境への冒険。
そのように西欧は異文化との衝突を繰り返し、エキゾシズムは今も憧れと興奮をもたらす。
約150年前には、すでに海外パックツアーが誕生した。

西欧主観の歴史における、何か重要な視点が秘められているように感じる。
そして世界に大らかな夢を抱けた、世界大戦前のロマンチックな空気に酔う。


関連記事:
【最近読んだ本】石黒敬章「石黒コレクション 幕末・明治のおもしろ写真」| 2008.03.07
【最近読んだ本】日本郵船株式会社 広報グループ・編「航跡」| 2009.08.13
【最近読んだ本】ニコライ「ニコライの見た幕末日本」| 2010.01.24
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
0
    | books | 2009.02.17 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top