ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
ミッシェル・ライリー(著)、佐和瑛子(訳)「フランシス・ベーコン」

美術出版社〈現代美術の巨匠〉シリーズ、哲学者とは別人であるフランシス・ベーコンの絵画作品集です。
正直、著者の堅苦しい序文は読み通すのが苦痛です。
ただし「公立機関収蔵先リスト」は便利ですね、横浜美術館と東京国立近代美術館の他に日本でも5箇所(伊東、富山、福岡)あります。
常設の入れ替えは要確認。

僕にとって最も偉大な画家の一人ではありますが、出合った時代と年齢も関係なくはないのでしょう。
精神と肉体が追い付かない、世の中の不整合と欺瞞に折り合いが付かなかった時期には救済であり割礼でした。

「偶然の画家」とも称されますが、偶発性も道具にしてしまうから怖いのです。
どうして、この線が発想できるのだろう。
描かない事が何故、イメージをブレさすのだろう。
この色、この装置、この歪みは何なのだ?

単なるグロテスク趣味?暴力性?
もしそれだけなら、現代の価値観でサム・ペキンパー監督の映画を観るようなものですが。
見ないフリをしてるから生きていける、そんな際どい本質を突き付けられたような気がしたものです。
深層の混沌を暴かれる衝撃。

やはり印刷物ではダメですね、改めて実物に向かい合ってみたくなりました。


関連記事:【最近行ったところ】東京国立近代美術館「フランシス・ベーコン展」| 2013.05.07
0
    | books | 2009.02.19 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top