ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
「星野道夫の宇宙」

この写真集は、2003年に催され各地を巡回した『「星野道夫の宇宙」展』の会場で販売された限定本のようです。
通常の画素情報量より16倍も高い精度で印刷されているだけあって、素晴らしい出来映えです。

別紙には、撮影地のほか被写体の動植物名も記されています。
彼が熊の世界に招かれた後に刊行された作品集の中では、最良の部類に属するだろう一冊。

唯一、惜しむらくは柳田邦男の解説。
「思い上がった人間の」と、古めかしい二極性を持ち出す見方が残念です。
そういう陳腐な方向で語るなら、PHP出版の癒し系な編集の方が相応しいかと…。

写真が絵画と最も異なるのは、作品と作者の精神的な距離だと思います。
ファインダーから見つめる撮影者の内面、フィロソフィーが反映されざるを得ない(修正処理をすれば別だけど)。
だから彼の作品が、決してシャッターチャンスに恵まれた結果ではないと感じられるのです。

彼の文章に文法的には破綻があるとしても、写されたものとの間に僅かな齟齬もない言葉のリズムには誰もが感嘆するでしょう。
例えば訓練された歌唱法で歌う人もいれば、洗練されてはいなくても否応なく心に響く声もあるように。

星野道夫の時間から沁み出した甘露、それを丁寧にまとめた良書です。



関連記事:【最近読んだ本】星野道夫「グリズリー アラスカの王様」| 2010.09.07
     【最近読んだ本】星野道夫「森と氷河と鯨」| 2013.10.24
0
    | books | 2009.02.26 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top