ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
「ミュージック・グラフィックス」

当代JPOPアーティスト作品のアートディレクションを、CDのジャケに限らずツアーグッズに至るまでデザイナーのコメント付きで紹介する大型本。
今時のJPOPに疎い僕でも知ってるバンドやシンガーばかりだ。

世代的に近いデザイナーが多いのだろうか、ほとんどのイラスト・デザインに既視感を覚える。
学生時代の周囲にあふれてた、あの延長に見えてしまう。
もちろん、それは事実ではない筈だ。

考えてみれば、自分の同世代が世の中に発信する時代になっていて当然なのだ。
それはそれで感慨深くはあるが、しかし同時に(もはやリミックスを超える発想は出ないのか)という出尽くした感が拭いきれない。

保守的な時代だから敢えてロー・インパクトなのかもしれないし、あの頃からは一巡するに足る時も経ている。
それにトータルで展開するディレクションと、音楽市場の費用対効果には興味深いものがある。

ただ、単純にジャケとして面白いのは数点だけ。
どれも若い子には新鮮なんだろうし、かつての自分だって通過してきたんだし…。

でも、まだアツイものが見たいんだよなぁ。
いてもたってもいられなくなる、そんな勢いをさ。


関連記事:
【最近読んだ本】オーギュスト・ラシネ「民族衣装」| 2008.12.15
【最近読んだ本】アイデア編集部・編「アイデア・アーカイブ 原研哉のデザイン」| 2009.05.17
【最近読んだ本】平野甲賀「平野甲賀 装幀の本」| 2009.09.06
【最近読んだ本】「1980年代のポップ・イラストレーション」| 2009.10.25
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
【最近読んだ本】高井潔「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
【最近読んだ本】渡部千春「これ、誰がデザインしたの?」| 2012.06.16
【最近読んだ本】河北秀也「元祖! 日本のマナーポスター」| 2012.09.29
0
    | books | 2009.03.12 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top