おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
ドラマティックス「ホワッチャ・シー・イズ・ホワッチャ・ゲット」

ソウル・ミュージック好きとはいえど、スタイリスティクスと混同する程度の素人です。
しかし聞いたようなタイトルだと思ったら…「ワッツタックス」のメイン・テーマ(?)じゃないですか!
1曲目「Get up & get down」の雄叫び、まさにあのイントロです♪

ワッツ暴動後の、黒人による黒人のための音楽祭(運営もすべて黒人を雇用し、収益をコミュニティに還元)。
あのDVD以来、いつかスタックス音源を聴かねばと思っていたので、これは嬉しい巡り合わせでした。

勝手ながらフィリー・ソウルに比べると泥臭いイメージがあるスタックス・レーベルですが、本作は野趣の中にも洗練が感じられます。
5声ヴォーカルの躍動感を、ブラス&ストリングス+パーカスのコンポージングが彩っているなと。

ジャケのデザインがまた、いかにも'70年代ソウル盤らしい独特のアクを感じます。
有名どころではのスピリチュアル・ソウル志向あふれる(違うか)スティーヴィー・ワンダー「インナーヴィジョンズ」などのテイスト、それこそ奇しくも本作と同年に公開されたブラックスプロイテーションの名作「SUPER FLY」の名を拝借したJPOP歌手あたりがジャケに使いそうなんだが…って皮肉は前に読んだ「ミュージック・グラフィックス」絡みで本作とは無論関係ない。


関連記事:
【最近聴いたCD】スタイリスティックス「スタイリスティックス登場」| 2009.02.08
【最近聴いたCD】マーヴィン・ゲイ「ラヴ・スターヴド・ハート」| 2009.04.29
【最近聴いたCD】オージェイズ「裏切り者のテーマ」| 2009.12.30
【最近聴いたCD】THE 5TH DIMENSION「THE AGE OF AQUARIUS」| 2014.04.05
【最近聴いたCD】ARCHIE BELL & THE DRELLS「THERE'S GONNA BE A SHOWDOWN」| 2016.09.28


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『The Dramatics - Get Up And Get Down』(Sound Only)
0
    | music | 2009.03.17 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top