ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
坂本政道「楽園実現か 天変地異か」

お察しのとおり、まさに副題が「2012年に何が起こるか」なのですよ。笑
本書はヘミシンク方面からの“真相”で、ぶっちゃけ2009年内に楽園実現しなければ2010年から天変地異だそうです。

本書が目に留まったのは、山川健一の「リアル・ファンタジア」を読んだせいですね。
巻末対談もあり、非常に分かりやすく面白い。

たとえば「聖なる予言」がブラヴァツキーなどの非科学的な仮説や古代文明の伝承を上手に統一したように、本書の内容は「第十の予言」リチャード・バックの「ONE」といったフィクションで語られた世界がヘミシンクのステージと一致しています。
「神との対話」やチャネリングなどで語られた内容とも矛盾しない、ちょっとしたスピリチュアルの統一見解かとも。
それを剽窃のように受け取る人もいるでしょうが、僕には堪らなくスリリングでした。

ただ残念ながら作者は、自身を(モンロー氏と霊的に近い)とか、テレビの超能力捜査に出てくる自称エスパーやら時々当たるブラジルの予言者を肯定してるんですよねー。
まぁ誰しも人は完璧ではないですが、これで説得力がた落ち!

2012年とアセンションに関しては10年以上前から言われてますし、近年は恐怖を煽る話が急増してます。
楽しみたいなら、上に挙げた本あたりはお薦めかな。


関連記事:
【最近読んだ本】坂本政道、ダリル・アンカ「バシャール×坂本政道 人類、その起源と未来」| 2012.01.19
0
    | books | 2009.04.01 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top