おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ウヨンタナ「天の壁」

ジャケの草原を見ていると、モンゴル語の地平線をイメージしたというタイトルが響いてきます。

ホルチン地方出身の女性歌手だそうで、基本的にはシンプルな伴奏による独唱。
たまに電子音でポップな色付けもありますが、やり過ぎない範囲で自然に曲想の味付けになってる感じ。

メジャーなディストリビューターからリリースされてる訳ではないようなので、おそらく大々的にツアー組んだりしての活動はされていないでしょう。
でも、ナチュラル系のイベントなどに行くと出会えそうな気がしますね。
日本での活動も長いようです。

ただ心のまま歌う人がいて、ただ声に惹かれる人たちか響く場を作っている…そんな印象です。
つまりエコ云々を絡めたアピールなんかを警戒せず、素直に耳を傾けてしまう。
解説書の、現地語歌詞と本人の曲コメントも簡潔で温かい印象。

ジャンル的には苦手な部類ですが、これは好きです。
スタンスが変わらない限り、彼女のアルバムに悪いものはないでしょうね。
たまたま本作は図書館で見つけたのですが、次は必ず買って聴きます。

追記:リンク先はYahoo!ミュージック(視聴、購入可)です。(←リンク切れになっていましたのでamazonのページにリンク先を変更しました、投稿時点ではamazonで取り扱いされていませんでしたが現在は一応あるので)


〈モンゴル・周辺〉関連記事:
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」| 2008.10.16
【最近聴いたCD】ナムギャル・タツァンの僧侶「チベット密教 極彩の響き」| 2009.02.06
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近読んだ本】ラハムスレン・ガンゾリグ「モンゴル アジアの心臓」| 2011.02.22
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」(再読)| 2011.09.26
【最近読んだ本】椎名誠「ナラン 草の国の少年たち」| 2011.11.10
【最近読んだ本】椎名誠「世界どこでもずんがずんが旅」| 2012.04.06
【最近やったゲーム】「射雕英雄傳」| 2012.09.04
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
【最近読んだ本】米原万里、山本皓一「マイナス50℃の世界」| 2013.04.27
【最近みたDVD】「蒼き狼チンギスハーン」| 2013.11.30
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 日本人はるかな旅 第1集」| 2014.10.16
【最近読んだ本】松村映三 plus 村上春樹「辺境・近境 写真篇」| 2014.12.30
【最近読んだ本】辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」| 2016.08.24
【最近読んだマンガ】たかぎ七彦「アンゴルモア 元寇合戦記」1巻| 2016.12.26
【最近行ったところ】東京国立博物館(「海の道 ジャランジャラン」展)| 2018.09.22
【最近読んだ本】清水哲朗「NewType」| 2020.01.09
0
    | music | 2009.04.06 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top