ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
君塚太・編「日本ロック写真史 ANGLE OF ROCK」

本書は、ぴあ創刊35周年を記念して出版された。
感慨深い。
あのひどい紙質の独特な匂いは、背伸びしていた十代の自分そのものだ。

時系列に沿って並べられた変遷、熱狂の余韻…。
それはすでに今ではないし、意外に年を取った自分を静かに発見する。

本書の半分が費やされている、GS後の最も熱いロック黎明期。
1970年のアシベ、深大寺ツーマッチに自分はいない。
箱根アフロディーテで自由の旗を掲げた彼ら…♪貴方はもう還暦かしら?
なるほど、“ROCK'N'ROLL IS DEAD”なのかもな。

画面から観衆の消えた、実にスチルな'80年代以降。
ライブな現象に切り込んでゆく緊迫感は消えて、馴れ合うような洒落たピンナップは明後日を見てる。
商業主義の否定さえ打ち破り、奇しくも坂本龍一が村上ファンド顔をしているショットは実に象徴的。

こうして見ると、ハービー山口はロックじゃない。
やはり鋤田正義は目立つ、故・迫水正一(マサカズと読むのは知らなかった)も'70年代の仕事が好い。
井出情児、ヒロ伊藤、平間至、伊藤薫、三浦憲治…。(順不同)
恐ろしいほど、ここには時代が写し取られている。

ともあれ、20世紀の日本ロックは総括された…で、今は生き返りそうかな?
がんばれ日本ロック。笑


関連記事:【最近読んだ本】君塚太(編著)「原宿セントラルアパートを歩く」| 2013.05.18
0
    | books | 2009.04.23 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top