ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
池田満寿夫・佐藤陽子(監修・選)「20世紀レコード・ジャケット傑作集」

'98年の出版とは思えない、どこを切ってもレトロな体裁の本です。
最初はそれも意図された味だと思って、ワクワクしながら読んでいたのですが。
どうやら、これは企画・編集をした人の力量不足。

進行の途中で池田氏が逝去された事で夫人との共同監修に変更し、編集協力として高橋敏郎なる人物が大きく関わっている。
やむを得ず池田氏を欠いた状況では、掲載ジャケを所有する高橋氏が語るのも理解しましょう(3万枚ものコレクターですし)。

しかし本書の意義は、夫妻が一点ごとにコメントを寄せている巻頭カラーのみ。
夫婦といえど容赦なく辛口だったり、互いの選択眼に対する批評が伺えたりで。
単なる価値観としてより、それぞれの追究する専門性の決定的な差が垣間見られるようで興味深いです。

池田夫妻のセレクトは全体の2割以下、残りはジャケ正面からシャッター押しただけなので照明ムラが目立つ…故に白黒印刷なのか?
佐藤と高橋両氏の対談も慌ただしい印象で、これらは編集者の責任ですよね。

SP盤にはジャケットもライナーノートもなかった。
LPは割れにくく耐水性も増したが、熱に弱く損耗劣化が激しい塩ビ盤でした。
その34年後に登場したCDは収納性と耐久性が高く、その合理化がアートワークを詰まらなくしました。
これは懐古でなく必然ね。


関係あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】ドリ・ハダー「ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界」| 2012.12.22
0
    | books | 2009.04.26 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top