ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
ザ・エレクトリック・ソフト・パレード「ノー・ニード・トゥ・ビー・ダウン・ハーテッド」

ジャケットを見ただけでは、どんな音か分からない。
都市を正面に見据えてオーガニックに包まれた、淡い色彩のアートワークに惹かれたものの…。

解説に挙げられたエリオット・スミスの名を見て、なるほどと思う。
この内省的な歌詞、ほの暗い響きは似ている。
アコースティック・サウンドと散りばめられた電子音のチープさには、今世紀以降のUKロックらしさも感じ取れる。
それと静寂感では、スフィアン・スティーヴンスの「ミシガン」を聴いていて浮かべる情景とも重なる。
だが、どこにも属さない。

こういう時に、どんな言葉で伝えるのだろう?
「これ好き」だなんて、そんな明快な気分じゃない。
まさに4月の雨の、冷え込んだ吐息と花の匂いに例えるか。
こんな休日に針を落とすレコードのようだよ、って無論これはCDだけどね。
それに重厚さやドラマチックさはないけど、そこそこ騒々しい音楽ではある。

聴いても心は晴れないし、胸を覆うモヤモヤが部屋中に溶け出すようだ。
だが、それがいい。
きっと聴くタイミングによっては堪らなく陳腐だったりもするんだろう。
どれか1曲だけを聴いただけなら、なんとも思わないだろうって気もするけど。
ま、嫌いじゃなんだな。


〈アンビエント/インテリア・ミュージック〉関連記事:
【最近聴いたCD】ヴィクセル・ガーランド「イージー」| 2008.03.11
【最近聴いたCD】スフィアン・スティーヴンス「ミシガン」| 2009.02.16
【最近聴いたCD】栗コーダーカルテット「笛社会」| 2009.05.24
【最近聴いたCD】モグワイ「ミスター・ビースト」| 2011.09.15
【最近聴いたCD】ペンギン・カフェ・オーケストラ「同」| 2014.03.03
【最近聴いたCD】ブラックトップ・プロジェクト「同」| 2014.05.15
【最近聴いたCD】STEPHEN SMALL「SLOW DRAG」| 2016.11.10
0
    | music | 2009.05.03 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top