ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
パウロ・コエーリョ(著)、山川紘矢+山川亜希子(訳)「第五の山」

何度も読み返している物語で、決して難解ではないが旧約聖書に題材を得ているので入り込みづらいかも。
個人的にはキリスト前のアッシリア風土に興味もあり、非常に惹かれる世界だ。

著者の作品はどれも読むたびに新たな発見を与えてくれる、読み手の成長なり変化が反映されるという優れた物語の性質がある。
ただ、他の著作を七色に変わるキャンディーだとするなら、本書は次の色が出てくるまで舐めている時間が掛かる種類という感じだ。
僕にとっては。

自分が感じている、時代のテーマに関する重要なヒントが本書には隠れている。
だのに、いつも何か足りない気がしてくるのだ。
不条理な悲劇に、被害者面でなく復讐でもなく…と、分かりかけた気でいると足をすくわれるような。

己の信仰を疑う事は、師と戦う事でもある。
悲劇の前の兆しに、対決を怖れて心を騙してしまう。
だから悲劇が起きると誰かを責めずにいられないのだ、あの自分を思い出さずにいたいがために抗う。

本書は、実は正義も真実も語ってはいない。
悲劇は不可避であり、ただ神に関わらず起こるだけ。
悲劇と復讐の連鎖に和解はない、そして寛容とは自分を赦した先に拡がっていると今は感じる。
また次に読む時、本書は何を聞かせてくれるだろう?
得るところは未だに多く、ある意味では厳しい師でもあるが対決にはまだ時が要る事は分かった。


関連記事:
【最近読んだマンガ】田中芳樹(原作)、恵 広史(漫画)「創竜伝」1,2巻| 2010.08.15
【最近読んだ本】石川純一「宗教世界地図」| 2011.09.20
【最近読んだ本】持田鋼一郎「イスラエル感傷紀行 ユダヤの民と約束の土地」| 2012.01.16

〈パウロ・コエーリョ〉関連記事:
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」| 2007.12.10
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「悪魔とプリン嬢」| 2008.09.27
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「11分間」| 2008.12.04

【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「星の巡礼」| 2010.06.29
【最近読んだ本】木下眞穂(訳)「ブリーダ」| 2010.07.24
【最近読んだ本】江口研一(訳)「ベロニカは死ぬことにした」| 2011.01.28
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」(再読)| 2012.08.27
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」| 2012.08.30
【最近読んだ本】武田千香(訳)「ポルトベーロの魔女」| 2013.05.21
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「ザーヒル」| 2015.09.26
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」(再読)| 2019.07.23
0
    | books | 2009.05.09 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top