おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
マイルス・デイヴィス「TUTU」

まず最初に思い出したのは、かつてグラフィックの授業で課題に選んだ事だ。

南アフリカのアパルトヘイトに注目が集まっていた時代に発表された本作は、ツツ司教の名を冠している。
マンデラ氏の名を織り込んだ曲も収録されている、それだけで僕は充分だった。

そしてようやく、当時はジャケットでしか知らなかった本作を聴いた。
あまりに偉大すぎて理解できないのだ、ずっとそう畏れて避けていた。
でも彼の伝説はモダン・ジャズまでの革新ではないか?と今は思う。
本作はマーカス・ミラーが指揮を執り、マイルスは曲に乗っているだけだ。
だけ、というのは失礼だしロック/ポップスのスタイルを初めてジャズに導入した点では斬新なのだが。

悪く言えば、ジャズが死んだ事は前作までのブランクで気付いていたのだろう。
ジャズがジャズとして進化した時代は、すでに終わっていたのだ。

マーカスの弾く('80年代のアクティブっぽい音)は、ベースとしては個人的に好きではない。
それと共演が叶わなかったプリンスの影響が、何故かラスト曲に感じられる。
具体的には「17days(Extended ver.)」からサンプリングしたような音が多い。
マーカスは何を意図したのだろう?


関連記事:
【最近聴いたCD】「マイルス&コルトレーン」| 2012.11.11
【最近聴いたCD】マイルス・デイビス、スタン・ゲッツ「レア・ライブ」| 2012.11.14
【最近聴いたCD】マイルス・デイヴィス「ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン」| 2016.09.08
0
    | music | 2009.05.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top