ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
アイデア編集部・編「アイデア・アーカイブ 原研哉のデザイン」

とあるデザイナーの仕事と姿勢を記録した本です。

ひとくちにデザイナーと言っても多種多様で、実に細分化され特化しています。
たとえば一つの仕事にも、トータル・コンセプトに沿ったグラフィックなりプロダクツから、売り場の什器配置や照明温度まで至るところにデザイナーが関わっていたりする訳です。

なんといっても横文字稼業ですから、文中にも自然に横文字が氾濫してしまう。
真面目に明確に語られてはいるけれど、そういう言葉の隅々にもデザインされた痕跡が感じられまして。
つまりコピーライター的な(見せたいように見せる)言葉の作り込みというか…。
客観的な視点の解説ではなく、顧客にプレゼンテーションを仕掛ける語調です。

いやだなぁ…。

だけど、それとは別に原研哉の仕事は面白いと思いました。
自身の仕事に「白」という共通性を、いや「白」によってデザイナー本人のブランド性をデザインしているのですね。

実際の基本的な色調であり、そこに象徴されるイメージもまた常に全体の根幹にある。
簡潔で内省的で明白なデザイン、それが原のルールであり彼の商標でもあるという事です。
分かりやすいのが「無印良品」で、病院のデザインも好いです。


関連記事:
【最近読んだ本】広告批評別冊「佐藤雅彦全仕事」| 2008.02.01
【最近読んだ本】オーギュスト・ラシネ「民族衣装」| 2008.12.15
【最近読んだ本】「ミュージック・グラフィックス」| 2009.03.12
【最近読んだ本】平野甲賀「平野甲賀 装幀の本」| 2009.09.06
【最近読んだ本】「1980年代のポップ・イラストレーション」| 2009.10.25
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
【最近読んだ本】高井潔「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
【最近読んだ本】杉元秀樹・杉元賢治「アインシュタイン切手博物館」| 2011.08.30
【最近読んだ本】渡部千春「これ、誰がデザインしたの?」| 2012.06.16
【最近読んだ本】河北秀也「元祖! 日本のマナーポスター」| 2012.09.29
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
0
    | books | 2009.05.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top