おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
栗コーダーカルテット「笛社会」

ジャケを見た瞬間、思わず手に取ってしまった。
地は黄緑で、橙色の取っ手が付いた白いトランク。
auのLISMOみたいな色遣い、直線でミニマルに構成された素っ気なさ…。
これだけで、やっぱり佐藤雅彦だと分かってしまう。
佐藤は元電通マンであり、和み系クリエイティブ全般のヒットメーカー。
でも音そのものとは関係ない、彼の話はここまで。

リコーダーの音色は、なぜかベルナールの「にんじん」を連想させます。
で、本作はアーティスト名どおりで予想を上回りも下回りもしない。
ウクレレ・オーケストラと違って、リコーダーに限定せずバンジョー他の和み楽器を混ぜつつ。
平成のインテリア・ミュージック、ていうかね。
ずばり、笛ゴンチチ。

確実に、内野と外野の真ん中に打球を落とし込むバッターのような職人芸。
佐藤雅彦ワールドとの相性も、まるで最初に企画ありきで生まれた音のよう。
とはいえ、パンクロッカーが鋲付き革ジャンで逆毛を立てるほど簡単じゃない。

そうなんです、こういう音楽は必要なのです。
ただ不自然なほど洗練されているから、却って作為的に思えてしまうだけで。
どっちだろうと、鳴っている時間が快適になれば構わない事なのです。
意中の人に贈るなら、女性誌目線でも非常に手堅い。


〈ウクレレ〉関連記事;
【最近聴いたCD】ロイ・スメック「ザ・マジック・ウクレレ・オブ」| 2009.04.14
【最近聴いたCD】関口和之featuring竹中直人・分山貴美子「口笛とウクレレ2」 | 2009.07.22
【最近聴いたCD】ザッハトルテ「おやつは3ユーロまで」| 2009.10.11
【最近聴いたCD】ムーム「シング・アロング・トゥ・ソングス・ユー・ドント・ノウ」| 2010.04.21

〈アンビエント/インテリア・ミュージック〉関連記事:
【最近聴いたCD】ヴィクセル・ガーランド「イージー」| 2008.03.11
【最近聴いたCD】スフィアン・スティーヴンス「ミシガン」| 2009.02.16
【最近聴いたCD】ザ・エレクトリック・ソフト・パレード「ノー・ニード・トゥ・ビー・ダウン・ハーテッド」| 2009.05.03
【最近聴いたCD】モグワイ「ミスター・ビースト」| 2011.09.15
【最近聴いたCD】ペンギン・カフェ・オーケストラ「同」| 2014.03.03
【最近聴いたCD】ブラックトップ・プロジェクト「同」| 2014.05.15
【最近聴いたCD】STEPHEN SMALL「SLOW DRAG」| 2016.11.10
0
    | music | 2009.05.24 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top