ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
パラダイス山元「ザ・マン盆栽百景」

作者は以前、マンボ系バンド(?)をやってた人。
そしてサンタクロース協会公認の日本人という、妙な肩書きも持っている。
で、更に「マン盆栽家元」とも名乗ってるんですね。

カルチャースクールで講師をされてたり、本書でも自分が「マン盆栽」の創始者だと強調してるんですが(そりゃあ亜流やらパクリ商売されたりすれば分からなくもないですけど)。
その思い付き自体は意外じゃないし、割と言っちゃったもん勝ちですよねぇ。
「そんなに斬新か?」と。

作者が'92年のアートワッズで初の展覧会をした頃、同所で友人がグループ展をしたせいかもしれません。
そこで実はチラシか何かで見ていて、なんか今更な気がしているだけなのかもしれないとも思うのです。

名付けて広めた者に権利がある的な商売って特に近年は目につくんですけど、引っ掛かりを覚えるのです。
単なるアイデア落ちじゃなく独自に研究し発展させている訳ですから、どこにも間違いはないんですがね。

多彩なフィギュアのコレクションと組み合わせの妙、マーキングされた鉢も目を引きますけど。
盆栽って本質的には、植物や土壌の知識を踏まえた好事家の丹精ではないかと素人ながら思うのです。
肝心の樹木がテーマを無視してたり使い回されてるとか、あまりに上っ面です。

石黒謙吾氏に無駄なページを振っている意味も分かりません。


〈ミニチュア〉関連記事:
【最近行ったところ】【最近行ったところ】MOT「館長 庵野秀明 特撮博物館」| 2012.08.29
【最近読んだ本】スリンカチュ「こびとの住む街 2」| 2013.08.28
【最近みたDVD】「俺たちサボテン・アミーゴ」| 2013.08.29
【最近読んだ本】MINIATURE CALENDAR(田中達也)「MINIATURE LIFE」| 2014.05.26
【最近読んだ本】本城直季「本城直季写真集 small planet」| 2014.10.08
【最近みたDVD】「ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」| 2017.09.18
【最近みたDVD】「ダウンサイズ」| 2018.09.23
0
    | books | 2009.05.26 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top