ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
ドアーズ「まぼろしの世界」

僕は十代の初めに(誰もが褒め称えるビートルズなんか聞かない)と決めた。
だが実はすでに、幼少時に観ていた「ひらけ!ポンキッキ」という番組で多くの曲を耳にしていたのだ。
そしてドアーズの「ハートに火をつけて」イントロも、そこで覚えていた。

ドアーズを知ったのも十代の初め、新聞記者のコラムでだった。
伏せ字で引用された歌詞の衝撃、とんでもない奴等がいたもんだと驚いた。
しかしジム・モリソンの歌詞は知的で、いま読んでも難解かつ幻想的で理解しきれない。

その中でも唯一、分かりやすい歌詞と曲調だった「People are strange」が本作に収められている。
そして個人的には「モリソン・ホテル」と並んで1,2を争う、アルバム・ジャケットの傑作でもある。
更に10分超のラスト・トラック「When the music's over」は、初めて聴いた筈なのに気味が悪いほど懐かしく耳に残った。

ところでドアーズといえばオルガン・サウンドだが、恥ずかしながら今になってベース音が鳴っている事に気付かされた。
確かに彼らを聴くのは10年以上のブランクがあるし、ベースレスのバンドという刷り込みがあったにしても…情けない話だ。

ドアーズを聴いていると、いつも小雨がちな曇り空の休日みたいな気分になる。
ロックにも、アナログ盤で手元に置きたいアルバムは存在する。
そして雨の日に聴くレコードの時間は、特別なのだ。


関連ありそうな記事:【最近みた映画】「地獄の黙示録 特別完全版」 | 2008.08.09
0
    | music | 2009.05.27 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top