ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
ルー・リード「NYCマン-ザ・グレイテスト・ヒッツ」

2004年リリースの本作に先駆け、2枚組の同名ベスト盤を出しているようだが詳細は不明。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドウォーホル絡みで知って、友人が録ってくれたテープを繰り返し聴いた時期があった。
曲調と裏腹に毒のある歌詞だとか、聴いてるだけでは分かりようもなく、同時期にテレヴィジョンも聴いていて区別がつかなかった。
それからモノクロのオシャレ映画で注目された彼の名前も、ジョン・ルーリーと混同していた。

で、何となく聴いてみた。
V.U.時代の曲もあるが、まるで覚えがない。
訳詞を読んでいると、記憶の断片が浮かんでくる。
それは、どの街の路上でも見渡せる欺瞞のかけらだ。
時折ジム・モリソンを思わせ、だけど現実に対峙する言葉で紡ぐ。
良くも悪くも正しく評価されない苛立ちと、おもねる事なく歌い続けた強さと。

ホワイトハウスで歌った「Legendary hearts」もシニカルだが、チャリティ企画で「Perfect day」をテーマ曲に選ぶBBCのセンスも相当だ。
“君は自分を忘れさせてくれた”
“僕は誰かほかの善人になった気分だった”
“見たものはすべて自分のものにしたがる君”
…だって!

そして関係ないが、彼の四角いサングラスは僕が長年探しているタイプだった。

追記:やれやれ! 『モノクロのオシャレ映画で注目された』方こそ、ジョン・ルーリーじゃないか!(←ニック・ロウでした・・・笑)
しかもジョンがラウンジ・リザーズのサックス吹きだった事も知らなかったよ〜! "orz
ていうか、かなり愛聴してきたテープが本当にジョンなのかさえ怪しくなってきた・・・。
これだからインデックスなしで録ってくれても困るんだ!!
0
    | music | 2009.05.30 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top