おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO」3巻

この作者、たしかヤワラちゃんマンガ描いてた人ですよね?
まさかねー、こんな方向に化けるとは思いもしなかったなー。
「20世紀少年」でしたっけ、ねぇ…。

あの柔道マンガが何かイヤで、どうもその先入観で好きになれないんです。
なんだろなー、キャラの表情だったような…?
でも本作は、タッチが違いますよねぇ。
線が細いし背景も緻密で、キャラにはオリジナルの手塚漫画を意識した要素も。

ストーリーは「鉄腕アトム」の抜粋らしいですが、原作を知らないので何とも。
どうやらロボットとの共存を模索する未来社会の群像劇みたいですね、排斥派もいれば非共存型社会を予言する者もいる。
そして科学者は、いつの時代も己の探究心を狭量な理屈で正当化する。
でも基本的にアシモフ3原則みたいなSFって、なぜか興味が湧かないんですよねー。
これなら、まだ「MONSTER」の続きの方が気になるかも。


再読

〈手塚治虫〉関連記事:
【最近読んだマンガ】手塚治虫傑作選「家族」| 2008.08.23
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ブッダ」全12巻| 2009.12.25
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ユフラテの樹」| 2010.05.29
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ガラスの城の記録」| 2011.07.21
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」1巻| 2011.08.08
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」2巻| 2011.08.11
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」| 2012.03.30
【最近読んだ本】司城志朗「MW ―ムウ―」| 2012.06.01
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」2巻| 2013.01.17
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻(再読)| 2013.02.07
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻| 2013.02.01
【最近読んだマンガ】手塚治虫「百物語」| 2013.07.31
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫の描いた戦争」| 2018.01.07
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫『戦争漫画』傑作選II」| 018.01.14
0
    | comic | 2009.06.11 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top