ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
トーマス・マレント「熱帯雨林の世界」

6,800円する大型本の写真集です。
被写体は、当然ながらジャングルの自然と生き物たちなのです。
なんと鮮やかで緻密で…気持ちわるい!
って、それで片付けるのはあんまりですよね?

でも正直なところ、一気に見ていくと目がチカチカします。
まだ若い作者ですが、勇敢な冒険者さながらクローズアップの一瞬に世界中の密林を巡っていきます。
時には高い足場を組んで寝起きしたり、ヒヤリとする場面に遭遇しても熱は冷めやらず。

学者ほど専門的ではないので読みやすく、撮影した本人ならではの臨場感あふれる文章も魅力です。
ちなみに付録CDもボリュームたっぷりで、各トラックの収録時間はまちまちですが森の歌声を堪能できます。
目と耳で、この複雑に絡みあって成り立つ繊細な環境を身近に感じられるのを思えば決して高くはない値段ですね。

いかに熱帯の気候が変化に富んでいるか、生きる事がどんなに熾烈か思い知らされます。
安易に思い描く楽園などでは決してないし、だからこそ生命の輝きに充ちているのでしょう。
虫嫌いの子どもたちにも、どんどん見てほしい。
細分化と相互依存の進化と儚さ脆さを、そして「大量絶滅の時代」に森を損なう愚かさを。


追記:「大量絶滅の時代」に関するリンク(個人ブログ)
『忍び寄る大量絶滅時代』by「環境の世紀」
『「大量絶滅時代」の恐れ、環境省が初の生物多様性白書』by「一杯のコーヒーから地球が見える・・・・大阪ケナフの会・・・・」


関連記事:【最近読んだ本】レヴィ・ストロース「ブラジルへの郷愁」| 2009.03.15
     【最近読んだ本】太田康男「熱帯林に生きる」| 2009.03.28
     【最近読んだ本】テレサ・グリーナウェイ「ジャングル」| 2010.05.28
     【最近読んだ本】南 研子「アマゾン、インディオからの伝言」| 2012.08.12
0
    | books | 2009.06.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top