ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたEP | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
山岸凉子「鬼」

個人的な絵柄の好みで敬遠してしまっていた、そういう漫画家の一人です。
特に'80年代以前の少女まんがには、どうも苦手なキャラ顔が多くて…。

ただし見た目を別にすれば、中味は独創的で面白いのは音楽などにも言える気がします。
そんな次第で、思い切って読んでみた訳ですが。
予想どおりでした!

とはいっても本作の2編は、昔話と神話を基にしたストーリー。
表題作は東北地方の古い伝承を絡めた、静かで哀しい物語です。
イゴク寺の雀塚で現代と過去が交錯し、迷いの闇に立ち上がる慈悲。
学生たちが縛られていた出自に示したまとめ方、非常に重い過去はタッチを変えて描き分ける…流石です。

もう1つは出雲神話の時代、大和の王へ恭順として選ばれる肥長比売(ひながひめ)の悲しい恋物語です。
しかし王にとっては正妻でもない和睦の贄、そして帰国の途上に現れた怪異。
単なるウブではなく、出自と時代に翻弄された巫女の哀れさが胸に残ります。
前知識が(というか関心が)あるせいかもしれませんが、縄文民族の鯨面風習(顔の入墨)や小さな豪族の村などの描写が魅力的です。

今では誰も本当かさえ知る由もない昔話、それが見聞きした者の思い出し語りのように感じられます。
噂では取材重視とも聞く大ベテランなだけに、些細なディテールの真実味が裏打ちされてる感じですね。


関連記事:
【最近読んだマンガ】山岸凉子「月読」| 2009.10.29
【最近読んだマンガ】山岸凉子「自選作品集 ハトシェプスト」| 2010.09.08
【最近読んだマンガ】山岸凉子「自選作品集 タイムスリップ」| 2010.09.11
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだマンガ】山岸凉子「白眼子」| 2014.10.04
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06

〈奈良・平安時代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】四位広猫「篁破幻草子 蛍月夜に君の名を」| 2009.05.05
【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだマンガ】坂本久作「コミック版 藪の中・羅生門」| 2010.11.14
【最近みたアート】「空海と密教美術展」| 2011.08.02
【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
【最近みたDVD】「鬼神伝」| 2014.04.22
【最近読んだマンガ】ユキムラ「たむらまろさん」| 2014.07.28
【最近読んだマンガ】芥川龍之介(原作)、日高トミ子(漫画)「コミック版 蜘蛛の糸・鼻・芋粥」| 2015.04.18
【最近読んだマンガ】皇なつき「黄土の旗幟のもと」| 2015.04.24
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近読んだ本】ポール・アンダースン(著)、岡部宏之(訳)「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
【最近読んだマンガ】山内直実「ざ・ちぇんじ!」1巻| 2019.04.30
0
    | comic | 2009.06.29 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top