おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近みた夢 >>
最近聴いたCD
JAZZANOVA「OF ALL THE THINGS」

前に聴いたリミックス集が結構よかったので気になってはいたけれど、久しく名前を目にしなかった彼ら。
本作は'08年リリース、アルバムとしては実質6年ぶりの2枚目なのだとか。
まぁプレイヤーかといえばプロデューサー集団なのだろうという想像どおり、DJの6人が他と掛け持ちしながらっていうパターン。

リミックスのエレクトロニカ調と違い、本作はジャズというよりジャミロクワイのBPMを落としたアーバン・ソウルのような趣き。
ミュージシャンを多く使っているそうで、歌はジョン・レジェンドテレンス・トレント・ダービーみたいな無名の別人。
で、本人たちは「監修」というね…。

まぁ聴いてる分には心地好いですけど、なんだかバイトと契約社員だけでやってる会社みたいな、金のある人がビジネス的に賢く立ち回ってる絵が浮かびます。
まぁ工房生産の発展型とも思えるし、シンガー・ソングライター時代の反動とも思いつつ。

楽器の経験とかスキル、楽譜が読めなくたって音楽は作れますし、それは垣根が低くなって素晴らしい傾向だと思っているのです。
実際、ギター片手に…といった作曲よりも全体像がいっぺんに見渡せて、デザインする感じがするんですよね打ち込みで作るのは。
片手間ノリで質の高いクリエイティブが実現し、次の課題は専業家との二極化でしょうか。


再聴【2016.09.18】


*以下の動画は携帯からご覧いただけません(多分)。

『Jazzanova - Let Me Show Ya』(囁けばジョン・レジェンド叫べばT.T.D.な声質のポール・ランドルフなる方がフィーチャリング・ボーカリストの曲です)
0
    | music | 2009.06.30 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top