ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
ライ・クーダー「ライ・クーダー・ファースト」

'70年リリースの、まさに彼のデビュー作。
といっても既にミュージシャンとして名を馳せていたようで、感覚的には初リーダー・アルバムといったところなのだろうか?

どうなんだろう、世間的には(ライ=ブエナビスタ)なんだろうか。
それともスライド・ギターの名手?あるいはマイノリティ・ルーツ・ミュージックの発掘人?
でも僕にとっては、相変わらず「Go home girl」のレイドバックしたイメージなのだが…むしろ彼の履歴の中では'79年の「Bop Till You Drop」というアルバムの方が異色なのかも。
というか、それしか知らないし。

そういえば、キーチ兄弟とキャラダイン3兄弟が競演した映画「ロング・ライダーズ」の音楽も手がけていたんだっけな。
って、どんな音が鳴っていたかも覚えてないが…。笑

さて本作ですが、まさに古きよき時代の玄人好みな選曲のカバー中心。
全体的に戦後のカントリー/ブルーグラス系と言われても違和感ない感じで、ライの長閑な声で統一感が。
最後のインストはボトルネック奏法のギター独奏で、これは前にウィスキーのCMで使われてたような…?
紆余転変する彼の作風履歴の中では、いかにもなイメージどおりのアルバムといえましょう。


*以下の動画は携帯ではご覧いただけません(多分)。

『Ry Cooder - How Can A Poor Man Stand Such Times And Live』
(本アルバム6曲目のライブ・バージョン)


『サントリー EARLY TIMES ライ・クーダー 1988』
0
    | music | 2009.07.05 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top