おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
カート・ヴォネガット(著)、金原瑞人(訳)「国のない男」

「スローターハウス5」は、高橋源一郎も絶賛した(ような気がする)名作だ。
ずいぶん前にビデオを借りて観たが前半で寝てしまって、以来この作者とは縁がなかった。

本書は彼の遺作であり、2007年の日本訳が出版される直前に亡くなった。
表紙のチャーミングな顔と裏腹に、この随筆は皮肉に充ちている。
ただし僕の敬愛するトゥエインを多く引用しているように、作者もまた冴えたユーモアの持ち主だと思う。

アメリカ人らしいブッシュ批判も、今となっては聞き飽きた感はある。
厭世的な物の見方も共感できるとは言えど、さすがに中盤あたりからくたびれてしまった。
もはや世間では知られているのだろうけど、僕は初めて(アイロニーだけでは気持ちを高揚させはしない)という事を実感した。

訳者の名前は記憶にある、以前どこかで覚えたのだ。
この老齢で知的なアメリカ人の言葉は、きっと訳者によっては魅力も半減していたのではないかと思う。
辛辣な表現の奥にある誠実さや優しさが伝わらなければ、とても読めたものではなかったろう。

この40年、かの国の若者たちからサリンジャー以上の圧倒的な支持を得てきたというヴォネガット。
残念ながら両者とも知らずに若年期を終えたが、この世界への愛憎と諦観に深いシンパシーを感じている。


関連記事:【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
0
    | books | 2009.08.04 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top