ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたLP >>
最近読んだ本
筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」

断筆解除直後、文藝春秋の作品を収めた短編集。
平成9年2月の「断筆解禁宣言」と、執筆する出版社と交わしている覚書の書面も収録している重要作だ。

約3年に及んだ断筆だが、敵はメディアの自主規制なだけに再開さえ危ぶんだ。
とはいえ愛好家には長い時間であり、どういった経緯でか知らぬうちに再開された執筆にすっかり後れをとってしまった。
「私のグランパ」や「愛のひだりがわ」などジュブナイル的な復活ぶりに安堵しつつ、かつてのラジカルさが鳴りを潜めてしまったのではと危惧してもいた。

ところが、である。
再開早々に、実はこうして書いていたのだった。
解禁宣言の翌月にメディアと罵詈雑言のアイロニカルな「乖離」を発表、その半年後に発表したのが同じく断筆中に書き貯めたエログロ電波が飛び交う表題作!

言うまでもなく刺激的な表現は悪意や挑発ではない、それは世界がクリーンでなくとも悪ではないように。
作者のいう「害獣がいなくなれば(略)他の動物がその代わりをつとめる」ように、たとえ一時的に言葉を葬ったところで別の言葉が補ってしまうのだから…。

『図書館の自由に関する宣言』に反する回収や閲覧停止、差別用語の当事者ではない周囲の巻き起こす“仮託された聖戦”には差別を覆う権力の意志が働く。
本質を棚上げする社会では、“青少年の凶悪化する犯罪”もまた規制で先送りする。


関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「七瀬ふたたび」| 2010.03.12
【最近読んだ本】筒井康隆「近所迷惑」| 2010.05.25
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「W世界の少年」| 2011.08.12
【最近読んだ本】筒井康隆「出世の首」| 2013.03.28
【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
【最近読んだ本】筒井康隆「旅のラゴス」| 2014.04.14
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(上)」| 2016.03.08
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(下)」| 2016.03.15
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16
0
    | books | 2009.08.15 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top