ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたLP | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
藤子・F・不二雄「ぼくは神様」

副題は「藤子・F・不二雄SF短編集4」、初版は'94年だが解説から推測するに初出は'70年代と思われます。

のび太やしずかちゃんを連想させるキャラクターで、非常にベタなモチーフで展開する短編SF集です。
解説にもありますが、未来や科学のフィクションにリアリティーを求められなかった時代の作品には独特のユルさを感じます。

非日常的な、というか御都合主義的な寓話としては村上春樹など今も充分にライトSFの血脈は生きていると思うのですが…。
どうもマンガの世界では古い地層に埋没し、一種のウンチク要素なしでは許されなくなってしまっているような気さえします。
逆に言うと昔のマンガであっても、だからこそ現在では味わえない面白味が生じてくるのでしょう。

手塚治虫しかり。

膨張し収縮する宇宙を旅して、気の遠くなる長い冷凍睡眠の果てに再び膨張した地球で恋人に再会する「旅人還る」。
人類の矛盾と愚劣さを客観的に暴きながら、理屈を超えた感情の美を最後に示唆する「征地球論」。

今でも業田良家の「ロボット小雪」のように、寓意性を高めたライトモチーフSFも少数派ながら活躍してますけどね。
宇宙人とかタイム・トラベルとかパラレル・ワールドといった懐かしい装置は、やっぱり古い作品ほど自由奔放には使えないのです。


〈藤子・F・不二雄〉関連記事:
【最近読んだマンガ】「ジャングル黒べえ」| 2012.08.17
【最近読んだマンガ】「ドラえもん[のび太♡しずか編]」| 2013.07.25
【最近読んだマンガ】「箱舟はいっぱい」| 2013.08.06
0
    | comic | 2009.08.17 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top