ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
池澤夏樹(著)、渡邉良重(絵)「世界一しあわせなタバコの木」

愛煙家かどうか、それは本書にまったく関係ない。
もしもタイトルだけで敬遠しているなら、惜しい事だと思う。
これはタバコについて書かれた本ではなく、タバコの木でさえ出番は短い。

乱暴な言い方をすれば、これは大人の読む絵本だ。
出版社の名も絵本館だし。抑揚の効いた品のある挿し絵と、大きめの活字。
これは航空会社の'94年3月号の広報誌に掲載され、'97年に出版されたものだ。

本書の内容を、ここに紹介する事をためらう。
前情報なしに、あてのない旅のように出会ってゆく事が、この物語には少なからず意味がある気がするからだ。
空に浮かぶヒマラヤの白い峰、ミカンの芳香…青年が辿り着く村の時間を懐かしさで割り切ったら本書は退屈になるだろう。
だから、読む人を選ぶかもしれない。

旅の終わりを感じ取る、あの瞬間が描かれる。
そこで僕は思いがけず泣いた。
そう、あの万感のこもった爽やかな感覚。
いつも己の内面で自己解決のように収めてきた気持ち、うまく言葉に出来ない瞬間が紙面の向こうで共有されている…。
あぁ、やっぱり上手く言えないな。
この本を、僕は小さな友人に贈ろうと思った。


〈池澤夏樹〉関連記事:
【最近読んだ本】「虹の彼方に」| 2008.03.28
【最近読んだ本】「叡智の断片」| 2008.10.24
【最近読んだ本】高砂淳二、垂見健吾(撮影)「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近読んだ本】「南の島のティオ」| 2009.10.09
【最近読んだ本】「タマリンドの木」| 2010.04.23
【最近読んだ本】「マリコ/マリキータ」| 2010.05.02
【最近読んだ本】「スティル・ライフ」| 2010.12.29
【最近読んだ本】「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】「南の島のティオ」(増補版)| 2019.01.24
0
    | books | 2009.08.22 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top