ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
リチャード・バック(著)、平尾圭吾(訳)「ONE」

じわじわ読んで半年がかりでしたが、本書も繰り返し読んでいる一冊です。

機会があれば、作者と妻レスリーの波乱に満ちた自伝的小説「僕たちの冒険〜翼にのったソウルメイト」を先に読んでいる方が一層楽しめる気がします。
僕の場合は逆順でしたから、あの「かもめのジョナサン」「イリュージョン」の感覚で読み始めてしまい、少々面食らいました。
導入部の私的な独白からシームレスに、ファンタジー世界へ突入していきます。

ちょっと話は逸れますが、僕が飛行機のゲームを買ったのは作者の影響としか考えられないんですよね。
そしてゲームとはいえ(操縦飛行という疑似体験)が再読時にフィードバックして思わぬ相乗効果に!笑
前知識なしに専門用語を目にすると、興醒めする方もいるかと思いますが…。

飛行艇に乗ったまま時空を超えてしまう2人の辿る様々な冒険、そこで響き合う魂と相互に学びを得てゆく不思議な旅の物語です。
文庫の初版である'96年以来、読み返す毎に現実が追い付いてくるような驚きと気付きに出合います。
無論そのまま現実化してはいませんが、机上の(スピリチュアル)を越えた広い分野で新たなトピックスとして語られ始めている…。

もちろん本書は人生の色々な側面の寓話であり、おとぎ話のように寛いだ読み物で好いのだと思います。
文庫本の表紙は澄んだ白砂の海底で、これが内容にマッチしていて絶妙です。


〈リチャード・バック〉関連記事:
【最近読んだ本】平五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2008.06.08
【最近読んだ本】村上龍 (訳) 「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2010.12.26
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2011.02.03
【最近読んだ本】佐宗鈴夫(訳)「イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験」| 2014.01.07
【最近読んだ本】五木寛之(創訳)、ラッセル・マンソン(写真)「かもめのジョナサン【完成版】」| 2017.12.21
0
    | books | 2009.08.28 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top