ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近おもったこと >>
最近読んだマンガ
安西水丸「青の時代」

今や村上春樹との仕事で知られるばかりな気さえするイラストレーターだが、本書は'74〜77年まで「ガロ」に掲載されたマンガである。
それが'80年に青林堂から出版され、'99年に光文社文庫として再版された。

しかしガロ系の漫画家という一面は意外だった。
そもそも嵐山光三郎との知己から彼の小説を漫画化し、それが当時の編集長だった南伸坊に採用され…といった経緯らしい。

彼が小説を書くのは知っていたし、特に「70パーセントの青空」と「手のひらのトークン」は僕にとってアメリカン・ニューシネマのような忘れ難い連作だ。
本書に収められた作品も、表題作と嵐山による原作の「怪人二十面相の墓」を除けば非常に自伝的要素が濃いように思った。
だが実際には、実体験を細かく並べ替えて織り混ぜるのだろう。
成人した主人公が山の手の叔母を訪ねる「魚の家」のエピソードは、佃島でクレヨンを投げ捨てる小説の場面を彷彿とさせる。

主な舞台は幼少期を送った時代の千倉で、漁師町の気風に揉まれる少年の目線を通じて幻想的に描き出している。
特に女性たちのうなじや横顔は、女性画の愁いを含んだ艶やかさがある。
嵐山による解説を読んで、なんか分かる気がした。


関連記事:
【最近読んだ本】安西水丸・和田誠「NO IDEA」| 2016.07.10
0
    | books | 2009.08.29 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top