ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近おもったこと | main | 最近みた夢 >>
最近聴いたCD
クラフトワーク「ヨーロッパ特急」

'77年の作品である。

あのYMOが「ライディーン」に乗ってテクノ旋風を巻き起こしたのが'80年頃だったか、その時期にカタコトの日本語でボコーダー越しに歌った「電卓」がジャーマン・テクノの祖を一般リスナーに知らしめた。
'77年といえばボコーダーは既にカシオペアが全日空だかのCM曲「アイ・ラブ・ニューヨーク」で使っていて目新しくはなかったものの、ディストピアを連想させるサウンドとの相乗作用はインパクトがあった。

当時の電子音楽という認識の中でもタンジェリン・ドリームがシンセサイザー・ミュージックのクラシカルな叙情性を、クラフトワークはミニマル・ミュージックの反復性を特長としていたと思う。
つまりタンジェリンの方が音楽として分かりやすく、もしYMOを経由していなければクラフトワークの情動を排した無機質さは理解できなかったかもしれない…少なくとも僕には。
それだけ異質だったのだ。

本作では歌詞に孤独や疎外感が表れているが、サウンド的には「コンピューター・ワールド」辺りの冷たい暗さには及ばない。
より無機的、とも言える。
しかし後に代表曲の一つとなるタイトル・ナンバーは、ハッピー・ミュージックの高揚を一気に沈静させる位にドラマチックかつネガティブな印象がある。

なかむらよういちによるリリース時の解説には音楽とビジュアルとの融合が予言されていて興味深い。

追記:記事中で“ボコーダー越しに歌った”と断定的に書いちゃってましたが、後から聴いてみたらボコーダーじゃない気がしました。


関連記事:【最近聴いたCD】クラフトワーク「コンピューター・ワールド」| 2010.08.10
0
    | music | 2009.08.30 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top